hold me tight

hold me tight

ベルト至上主義とそうではない人の考え

どこへ行くにしてもベルトがなければ落ち着かない場合は、これをファッションの要として解釈しています。何よりもまずズボンの腰部分に通して、その日のファッションとのバランスを図ります。修正するべきと感じたときには、ベルト以外のアイテムを見直す確率が高いです。その日の感情によって腰に巻く一本は決まっているので、あとは全体の印象を整える必要があるからです。至上主義とも言える人たちからしてみれば、腰に何も巻いていないファッションは気が休まりません。適度な締めつけ感があり、なおかつズボンが固定されている状態こそがニュートラルな状態であると判断します。

ベルトの有無はどうでもよくて、むしろ万遍なくアイテムを吟味したいという考えの人もいます。彼らがファッションにおいて真っ先に行うことは、特に決まっていません。その日の感情次第で着用するべきアウターを考えたり、はたまた靴下を吟味し始めます。極めつけは、ベルトを使わないファッションにも挑戦することが多々あります。ズボンの腰部分に独創的な柄が存在するとき、これを強調したいときなどによく用いられている手法です。何も考えていないように見えて、実際は細部まで自己表現しています。

ベルトでボディラインを細くする

ワンピースやスカートを着て寸胴に見える人は、ウエストマークが足りていません。ウエストマークとウエスト部分にベルトを巻くことで、メリハリのあるスタイルを強調することです。女性は男性よりウエストが細いので、上品でフェミニンに仕上がります。細いベルトは可愛らしいイメージになるので、甘めのプリーツスカートと合います。シャツやボトムスの色が、ベルトと同じか同系色であれば、さり気なくウエストを絞ります。ウエスト部分がゴムになったスカートはカジュアルになりやすいですが、ウエストマークを作ることでゴムの存在を隠せます。あえて明るい色を合わせるのもおしゃれです。モノトーンでコーディネートしてもシンプルですが、ウエストマークがビビッドピンクだと一気に女性らしさが出ます。黒で太めのウエストマークは、スタイリッシュで都会的なイメージです。
最近のファッションアイテムはハイウエストが主流なので、太って見える人は細いタイプを使います。ワンピースは横から見るとサイズが合わなかった分が余りすっきりしませんが、ハイウエストをわざわざ作ることで着痩せします。ロングスカートは大胆さも魅力なので、茶色の太ベルトがおすすめです。


pickup


長崎で不要品の処理で頭を悩ませている方、ご連絡ください。


長崎 不用品


スピード対応!安心価格!


横浜 リフォーム



充実した語学教育や留学で、世界に羽ばたく人材を育みます。


グローバルコミュニケーション






Last update:2019/8/2